ボランティア

ホーム

 最終更新日:2019/05/16

 

 

「みどりの森」ボランティア活動 納涼祭

 平成30年8月5日(日)快晴 酷
 宮代町特別養護老人ホーム「みどりの森」の納涼祭だ。東部OB会のボランティアメンバー
14名全員が午後4時30分施設のロビーに集まった。他の
ボランティア団体のメンバーも続々と集まってくる。集まった約10団体がグループ毎に配られた名札を胸に付け、お弁当とお茶が支給され、少し早いが腹ごしらえをする。

 5時、係りの人からの説明があり、私たちは施設利用の高齢者51名の車椅子介護の中、14名とパートナーを組みロビーで待機する。納涼祭の場所は施設の駐車場、まだ日が高く暑い。そこまで車椅子を押しながら移動してテント内外の所定の場所に陣取る。中央には櫓が立ちお祭り気分が徐々に盛り上がってくる。周りは利用者の家族なども大勢来ており和太鼓の演奏も始まった。
 オープニングセレモニーは施設の理事長、宮代町町長や議会の議長などの挨拶、町議会議員の紹介、そしてわが東部OB会を含めて参加の
ボランティアの紹介があった。
我々の仕事はパートナーに水分補給したり、食事の介添え、車椅子を押しながら屋台の焼き鳥などを買いに行ったり、盆踊りの輪に加わって彼らに踊りの楽しみを味わってもらうことだ。
 7時頃になると、部屋に戻りたがる利用者もいるので施設に戻る。4時半頃から車椅子に座り2時間半以上も炎天下での祭りで彼らも疲れていると思う。
 7時半花火が打ち上げられ、勿論規模は小さいが、ほぼ真上に上がるのでなかなかの見応えがある。

 花火が終わると部屋に戻る人が増え、私たちの役目も終了だ。 暑苦しい夕べであったが、我々ボランティアメンバーも熱中症にならずに、最後まで頑張って頂き有難うございました。

2018.9.1: 17期 金原利樹
編集:専科4期 中村 隆

平成30年1月9日(火)鷲宮神社初詣 車椅子介助

昨夜来の雨も上がり曇りがちながらも時折晴れ間も覗き絶好の初詣日和です。
10時15分鷲宮神社駐車場に集合。
今回の参加者は6名。20分過ぎに特養ホームみどりの森の小型バス2台に分乗したお年寄り9名が・・・私たちも年寄ですが・・到着。
それぞれ参道を車椅子を押しながら本殿に向かい、お賽銭を投げてお参りし、境内を散策しながらお守りなどの買い物をして、初詣は終了。これから彼らは久喜のレストランで食事を楽しむそうです。
普段施設内で過ごす彼らにとって、外出・外食は無上の楽しみなのだそうです。
私たちがそうした彼らの楽しみのお手伝いに少しでも役に立てれば、私達も楽しくなります。
終了後、私達も久喜のレストランでランチをしながらささやかな新年会を致しました。


鷲宮神社に初詣

鷲宮神社で集合写真

2018.1.12 文責: 17期  金原利樹
編集:専科4期 中村 隆


鷲宮神社初詣

 

28112日(火)今日は宮代町特別養護老人施設「みどりの森」に入所しているお年寄りが鷲宮神社への初詣の日です。

昨日まで良く晴れて穏やかだったのに今日に限って曇天でとても寒い。私達ボランティアグループは境内横の駐車場に10時集合の為現地に向かいましたが途中でミゾレが舞いだした。大丈夫かなと思っていたら間もなく利用者を乗せたバスが2台到着しました。ミゾレも止みました。

車いすに乗ったままバスから降車、みんな元気そうだ。こんなに寒いのに防寒服も身に着けず毛布を掛けているだけで寒くないのかなと思ってしまう。彼らは普段は施設内で過ごすことが多いため外出しての初詣はとても楽しみにしているようだ。

天候のせいか他の参拝客は多くなく、ゆっくりと本殿まで移動してあらかじめ準備してきたお賽銭を投げ入れお参り。記念撮影をして境内を散歩しながら中にはお札を買った人もいる。無事終わって介護士さん達もほっとしている様子。これからレストランで会食との事。これも楽しいのだろうな。

私達ボランティアグループ7名も久喜市内の和風レストランでランチをとりながらささやかな新年会で伊奈学園や健康の話などに花が咲きました。

 

ここで27年度の活動を振り返ってみます。

4 雨模様の天気の為室内で習字の手伝いと中庭に芽を出している筍狩りをしました。中庭なので皆室内から私たちが筍を掘っているのをじっと見ていました。今晩の彼らのおかずになるのでしょう。

5月 この時期は散歩に出るのですが天候の関係で習字の手伝いでした。私たちの仕事は習字が出来るように段取りをする事で硯や、筆、用紙を揃えまたお手本を色々と選んだりします。いろんな人がいます 何枚も書く人、筆をなめてばかりいてなかなか書かない人、秋の文化祭に展示するのだそうです 

6月 久し振りの散歩です隣接する宮代町運動公園の緑豊かな敷地を散歩して、木陰でお茶です。御菓子なども出て皆で美味しいお菓子と空気を味わいます

7 外は暑すぎるので室内でお習字の手伝いと歌いながら健康体操をしました。自分の体の硬さを実感してしまいます。ここでも色んな人がいて何もやらない人や大きな声で頑張る人、男性は概して元気がありませんね ここでも女性優位を見せつけられました

8 待ちに待った夏祭り、納涼祭です。おそらくこの施設で最も大きなイベントでしょう。約10団体のボランティアグループ100名が参加します。会場の中央には櫓が組まれ午後6時から8時まで太鼓、盆踊り、屋台まで出て食事をしながら楽しみます。最後は花火です。元気な人は盆踊りの輪に入って一緒に踊ります。私は踊りません。車いすを押すだけです・・・

9 散歩 高齢者にとっては暑からず寒からずの一番いい季節ですね

10 藍染の手伝い 布縛りをお手伝いしたり、伊奈学園に在学中授業で実習したのを思い出しました

11 さいたま水族館[羽生]への郊外施設見学です。利用者とバスに同乗し遠足となりました。皆喜んでいました。施設からお弁当も用意され一緒に食べて交流を深めました。

12 寒い季節となりました。曇りがちでしたが、しばし太陽が覗いたので前庭に出て日光浴、歌いながらの健康体操。

この活動をやっていますと自分が健康であると言う事が本当にありがたいなと実感します。

埼玉水族館で全員の写真 スタッフのみなさん
水族館での歓談風景 埼玉水族館公園

 

(写真:内田  文責:金原)

 

 

伊奈学園 東部地区OB会の皆様                          

平成30年416

生きがい大学東部地区OB

   8月に開催された理事会において、今後のボランティア活動について議論が行われ、これからは登録されているメンバーだけでなく、広く一般会員にも自由に参加出来る様呼びかけをする事になりました。特別なスキルは必要ありません。事前に準備する事も出欠の連絡も不要です。9月以降どうぞ皆様お気軽にご参加ください。


場所:特別養護老人ホーム【みどりの森】 南埼玉郡宮代町和戸1780−1
                      TEL 0480−34−8881
活動内容:散歩時車椅子介助、室内に於いて習字手伝い、歌、貼り絵等
スケジュール:毎月第3月曜日 午前10時15分集合 11時40分頃まで

宮代町特別養護老人ホーム「みどりの森」ボランティア   ()内は参加者数

30

416日【月】

健康体操 (8)

521日【月】

習字の手伝い(8)

6月18日【月】

習字の手伝い(8)

716日【月】

習字の手伝い(8)

85日【

納涼祭(10団体)

917日【月】

習字の手伝い(7)

1015日【月】

散歩時車椅子介助(8)

11月19日【月】

習字の手伝い(7)

1217日【月】

習字の手伝い(7)

31年 1月7日【月】
2月18日【月】  
3月18日【月】  

   責任者:金原利樹  
               

 

みどりの森ボランティア活動

今年度に入ってからは、外の散歩に出かける日が多く、6月の活動日には近くのコンビニまでお買い物に行き、いつもと違うコース沿いのお宅の庭の花を観賞したり、食べたいものを購入するお手伝いで入居者の方は大喜び、私達ボランティア参加者10人も一緒に楽しみました。
7月の活動日は暑くて車椅子などでの散歩はちょっと無理なので、お習字の練習になりました。お習字大好きと言う方、なんとなく来た方、習字の合間に世間話や昔の話などをして、ちょっと気分転換していただきます。昔とった杵柄、上手な方もいらして驚きます。身に着いた教養はなくならないものですね。“良い字ね〜、元気があるわ”、などと感想を言うと、恥ずかしそうに、それでも嬉しそうな表情を見せてくれます。話のやり取りがまた、楽しく、自分もこういう年をとりたい…と思います。参加者は9人でした。

8月の活動は7日(日)の納涼祭のお手伝い。いつもは一時間くらいですが、この日ばかりはそれぞれが一人の方とずっと一緒に12時間、盆踊りみたり、太鼓の演技をきいたり、模擬店の中からお好きなものを食べていただき、おしゃべりをして夏の夜を楽しみま した。ボランティアは人数が多い方が盛り上がります。どなたでも気軽にご参加ください。

昔とった杵柄、習字の腕前が上手な方もいらして驚きます おしゃべりも楽しみの一つです。

H24.8.11 記事及び写真 15期:鈴木節子

 

納涼ボランティア終了

いきがい大学東部地区OB

 8月7日のみどりの森ボランティア活動は納涼祭における車椅子介助でした。OB会からは10人の参加でした。楽しみにしていた納涼祭でしたが、それぞれの受け持ちの方と会場に行くと、雨がポツポツ。プログラムの2番目が終わったところで、室内に退避。お祭りで良いされた屋台の食事をとるお手伝いで終了し、盆踊りはできずじまいでした。残念!
 

**  8月第3月曜日の活動はありません

東部OB会 副会長 17期:金原利樹

 

 

 

 

いきがい大学伊奈学園 第一回ボランティア活動発表会に出演

 2010年10月22日(金)、県民活動センターで行われた伊奈学園グループ団体のボランティア活動発表会で、東部地区OB会が現在の活動状況の発表を行いました。この発表会は、「彩の国いきがい大学伊奈学園校友会連絡協議会、伊奈・ボランティア情報センター、彩の国いきがい大学伊奈学園」の共催による初めての発表会です。こ東部地区OB会の説明をする大武副会長れまで、伊奈学園祭の中で行っていた「校友会活動事例発表会」と今年2月5日に初めて開催された「第一回ボランティア活動発表会」を統合した発表会として、いきがい大学伊奈学園在校生と関係者の方々に、伊奈学園卒業生の地域活動、ボランティア活動を紹介し、さらに理解を深めていただくことを目的に実施されたものです。東部地区OB会始め20の団体が参加して、それぞれの形態での発表が行われました。
 わが東部地区OB会は大武副会長が、会の生い立ちから現在の構成の説明と、ボランティア活動、教養勉強会、各種健康レクリエーション活動についての年間活動状況をパワーポイントによる映像によってわかりやすく説明されました。こうしたPR活動によって来年の新入会員は現在の会員93名から大幅な増加が期待されるところです。

2010.11.3 18期:上野 武

OB会のボランティア

 ボランティアは、宮代町の特別養護老人ホームで、車椅子を押して散歩のお手伝い、あるいは、避難訓練、初詣の付き添いなどを、月1回お手伝いしています。都合のつくときに協力すればよいということになっており、気楽に参加できます。

 活動日は原則第3月曜日の10時半から1時間ほど。避難訓練などで活動日が変更になることがあり、その時は、代表から連絡があります。

第4月曜日には、会員と特別会員により歌う会も行なわれています。

同じく第4火曜日は、会員の所属するいなわ会で、民話を語りに行きます

6月21日活動から(写真はメンバーです)

 久々に12名と参加が大勢だったので、お習字の手伝いと散歩の組に分かれました。

散歩も久しぶりでした。というのも天気が良くなかったり、インフルエンザの警戒などで室内活動ばかりでした。

7月の第3月曜日は祝日ですが、活動は予定通り行われます。

8月は8日(日)に納涼大会のお手伝いの予定です。夕方からになります、沢山の方の手が必要です。ご協力をお願いします!

新年度初めての活動は筍堀りとお習字の手伝い(2010年4月)

 みどりの森の施設の中庭には、ささやかな竹林があり、なんと筍もでるんですね。タイミング良く筍堀りをしました。夜は筍ご飯かしら?と会話も弾みました。

 お習字は準備も後片付けもなかなか手がかかりますので、お手伝いはスタッフの方がとても喜んでくれました。入居の方は昔とった杵柄というのでしょうか、筆使いなど見事で、見ていて飽きません。手本を探したり、新しい紙を届けたりと楽しい時間を過ごしました。

 嬉しそうなボランティア会員さん           ボランティアさんも参加して一筆
 
記事及び写真:15期 鈴木節子
 

 

 

この会はいきがい大学伊奈学園東部OB会といいます。
会員相互の親睦と地域社会に寄与することを目的として 、いきがい大学伊奈学園卒業生で
原則として東部地区在住する希望者とその他会員の推薦する者で構成されています。
設立:1992年4月
会員数:2019年5月現在71名
会長:増子 秋男 TEL: 048-746-5905
年会費:1,000円

入会希望される方は、会長にお電話ください。

ありがとうございます。あなたはHit Counter 番目の訪問者です。

All Rights Reserved by 「East part local OB association」