投稿2021年度 下期

ホーム 掲載記事リスト 会報「彩央」リスト 投稿2021年度 下期 投稿2021年度 上期  投稿2020年度 下期 投稿2020年度 上期 2020年度〜以降 イベント 投稿 2019年度 下期 投稿 2019年度 上期 2019年度 イベント 投稿 2018年度 下期 投稿 2018年度 上期 2018年度イベント 投稿 2017年度 下期 投稿 2017年度 上期 投稿 2016年度 投稿 2015年度 以前 2017年度イベント 2016年度イベント 2015年度 イベント 2014年度イベント 2013年度イベント 2012年度 イベント 2011年度 以前イベント

ホーム
映画…「グッドフェローズ」鑑賞
手仕事… 11月も干支の寅
パークG 11月例会開催
サイク… 行田/忍城跡 周辺
スポンジ・テニス講習
手仕事… 10月は干支 寅
「彩央会 パークG]開催
サイク… 「コスモスを楽しむ」
「映画を楽しむ会」活動報告‐50

映画 /「赤ひげ」:人としてどう生きたらよいのか

本日の参加者の皆さん
・ 日 時:2021年10月8日(金)
        10:00〜13:20(途中10分の休憩あり)
・ 作  品:「赤ひげ」 昭和40年(1965)/
         日本 / モノクロ / 185 分
・ 監  督:黒澤 明
・ 出  演:三船敏郎 / 加山雄三 / 山崎 努 /
               団 令子 / 桑野みゆき / 香川京子 /
               江原達治
・ 会  場:こうのすシネマ
・ 参加者:11名(前夜半の大地震で高崎線の
                          ダイヤが乱れ、2名が欠席)
■ あらすじ 
 新型コロナウイルス流行が少し収まりかけたので、久しぶりに鑑賞会が持てた。一般市民の映画好きの方も、9時過ぎには列を作りシャッターが開くのを待つ姿が見られた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 江戸時代の後期、長崎帰りの若き蘭学医・保本登は、貧しい町人のための医療施設「小石川療養所」の門をくぐった。そこで出会った” 赤ひげ ”と呼ばれる老所長の言動に強い反発心を抱きつつ、保本はその下で見習いとして働くことになる。
 全編にわたって赤ひげの言動が、見る私たちに様々な問いかけを投げかけてくる。吉原の女将の言動への対応、裕福な商人や殿様に対する高額な診療代請求等は、赤ひげの貧しい人たちを救いたい一念から出たもので、その思いが貫かれており小気味よい。
 吉原の置屋の下働きの娘は心を病むが、保本の必死の看病によって心を開き、治っていく。人の心を動かすのは、誠実さと真心なのかもしれない。 (代表:瀬山宏昭)
 
● 出席者の感想
(1) 古荘(フルショウ)元信さん
         (専攻5期、北本市下石戸)
 本日はお世話様でした。久しぶりの映画鑑賞、楽しませていただきました。山本周五郎の時代小説は何冊か読んだことがありますが、「赤ひげ」の原作「赤ひげ診療譚」は読んだことがなく、映画も初めて観ました。1965年公開ということなので、当時は仕事に追われる毎日で映画を観る暇もなかったのでしょう。
 この映画は、江戸時代の小石川療養所を舞台にした人情噺ですね。往年の名優たちが勢揃いし、特におとよ役の二木てるみの演技には思わず涙ぐみました。たまには、こんな映画もいいものです。ありがとうございました。
          (編集・写真:熊谷康夫)

サイゼリアで昼食


上映中の作品ポスター


上映中の作品のポスター


近日公開作品のポスター