2019年度 イベント

ホーム 掲載記事リスト 会報「彩央」リスト 投稿2021年度 上期  投稿2020年度 下期 投稿2020年度 上期 2020年度〜以降 イベント 投稿 2019年度 下期 投稿 2019年度 上期 2019年度 イベント 投稿 2018年度 下期 投稿 2018年度 上期 2018年度イベント 投稿 2017年度 下期 投稿 2017年度 上期 投稿 2016年度 投稿 2015年度 以前 2017年度イベント 2016年度イベント 2015年度 イベント 2014年度イベント 2013年度イベント 2012年度 イベント 2011年度 以前イベント

ホーム
府中/サントリー 工場見学
首都圏外郭放水路の見学
土手脇の外来種の伐採
一芸披露会 来場者 125名
2019年度 美術展
ヘイケホタル観賞会を開催
野生動物の生息空間の創生
「豊洲新市場」を見学
2019年度 パソコン教室
倒木整理とカナムグラ抜取
第13回 2019年度 定期総会
彩央会 新入会員歓迎

北本さくらウォーク&懇親の集いに32名参加

野外活動センターで

・ 開催日   :2019(H31)年4月2日(火) 
・ 集合場所:9:00a.m. 北本駅西口、9:50 石戸蒲桜
・ 参加者 :32名(内新入会員2名)
 花冷えとなったこの日、蒲ザクラのある東光寺に集合した。最初に、入り口の石段にひな壇形式に並んで記念写真を撮影。蒲ザクラはまだ三分咲き程度で、去年より遅れていた。新入会員の鈴木忠博さんから(地元 石戸の住人)、「蒲ザクラと源範頼」について説明があり、大いに参考になった。樹齢 800年で日本五大桜の一つといわれるだけあって、巨木かつ見事な枝ぶりであった。
 北本自然観察公園の遊歩道の桜はまだ満開でない木が多く、やはり去年より遅れていた。鈴木さんが「カタクリの花が間近でみられる場所がある」といって、子供公園に案内してくれた。株数は多くはないが、すぐ近くで可憐な花が見られた。
 北本自然観察公園内の埼玉県自然学習センターに到着。職員の方から、公園でみられる様々な樹木や草花の説明があった。キュウリの匂いのする“キュウリ草”というのがあると聞いて驚いた。
 ここを後にして、北本市野外活動センターを目指す。途中の高尾さくら公園も、まだ全体に満開の桜は少なく少し寂しい。その隣の阿弥陀堂の前の民家の枝垂れ桜は、満開で見事であった。また、阿弥陀堂の墓地にあるエドヒガンザクラはまさに満開で、幹の太さといい枝ぶりといい見事であった。そこから至近の谷の斜面にカタクリが咲いていたが、遠く離れた場所にあるため印象は薄い。
 12時30分、いよいよ最終ゴールの野外活動センターに到着。再度、記念写真を撮った。屋内に入り、それぞれ好きな場所に座った後、ビールで乾杯して昼食。少し休憩後に金子副会長の司会で新入会員歓迎会が始まった。
 最初に新会員2人の自己紹介があり、続いて前会長の熊谷さんから「石戸郷土読本(昭和8年発行)」に出ている『伝説・亀御前(源範頼の正室)』の朗読があった。
 ここでいよいよ、「秩父の寅さん」こと石井さんのワンマンショウが始まった。最近は寅さんより五木ひろしに注力しているとのことで、五木ひろしの歌を何曲か披露してくれた。その後、彩央会 2代目会長の佐野さんが「いかに老いるか」のお話、17期の外川さんの迫力ある赤穂義士の短時間講談もあり、楽しいひと時を過ごすことができた。今年は途中で帰る人もなく、成功裡に終わったといえる。
   ( 報告:澤井秀幸、
     写真:荒巻 勲、石黒廣行、熊谷康夫 )

日本五大桜の1つ蒲桜


範頼伝説の説明を聞く


北本自然観察公園の遊歩道


子供公園には鯉のぼり


子供公園の傾斜地にカタクリ


自然観察公園の橋を渡る一行


埼玉県自然学習センターで説明を聞く

菜の花も満開


荒川の河川敷を歩く


荒川の本流


高尾さくら公園


亀御前の供養塔


隣家の枝垂れ桜


カタクリの群生地


岩佐会長の挨拶


新入会員の鈴木さん


新入会員の藤田さん


寅さん


美川健一


五木ひろし


阿弥陀堂墓地のエドヒガン桜


蒲桜入り口で記念撮影

                                    以上
先頭に戻る