映画…「ボディガード」

ホーム 掲載記事リスト 会報「彩央」リスト 投稿2021年度 下期 投稿2021年度 上期  投稿2020年度 下期 投稿2020年度 上期 2020年度〜以降 イベント 投稿 2019年度 下期 投稿 2019年度 上期 2019年度 イベント 投稿 2018年度 下期 投稿 2018年度 上期 2018年度イベント 投稿 2017年度 下期 投稿 2017年度 上期 投稿 2016年度 投稿 2015年度 以前 2017年度イベント 2016年度イベント 2015年度 イベント 2014年度イベント 2013年度イベント 2012年度 イベント 2011年度 以前イベント



ホーム
上へ
手仕事… 着物リホーム 9月
サイク… 吉見町/ 桜堤公園
映画…「プラトーン」小隊
パークG 熊谷さん優勝
サイク…会員の絵画鑑賞
手仕事…着物リホーム 8月
免許更新時 認知機能検査
自転車安全走行
映画…「ボディガード」
映画…『雨に唄えば』
「本3サロン会」に出前講座
手仕事… トートバック Part-2
パーク…:野口さん優勝
「ど根性ヒマワリ」咲く!
手仕事… トートバッグ制作
ゴルフ 優勝 佐野志摩子さん
映画… 「用心棒」/ミフネ
目黒雅叙園 「和キルト展」
サイク…「花菖蒲・ラベンダー」
手仕事… ポーチ制作
ボウリング大会 佐野優勝
サイク…「ホピー⇒バラ園」
パーク G :府川さん優勝
映画…『太陽がいっぱい』
映画…『タイタニック』
サイク…「騎西/玉敷神社」
手仕事…:発足3年目 総会
クラブ活動報告「映画を楽しむ会」−28

透き通った歌声とラブ・ロマンス  『ボディガード』

本日の参加の皆さん
・日 時:
  2018(H30)年8月21日(火)
          10:00a.m. 〜1:30p.m.
・会 場:こうのすシネマ
    (エルミこうのすアネックス3階 ・4階) 
・作 品:
  1992(H4)年公開/カラー/129分/ アメリカ
・参加者:13 名
・昼 食:
  アネックスビル2階 「サイゼリヤ」でランチ

 ボディガードのフランク(ケヴィン・コスナー)は、歌手で女優のスーパースター、レイチェル(ホイットニー・ヒューストン)の護衛を依頼される。フランクを邪魔者扱いにしていたレイチェルは、窮地をフランクに救われて次第に心を開いていく。
 フランクは、レーガン大統領の護衛をつとめたほどの切れ者。かすかな気配にも全神経を研ぎ澄ませていく行動に、プロとしての心意気があふれていて、見る人をぐいぐいと引きつけていく。
ストーリーは、意外な展開を見せていく。
 姉は妹の存在をうとましく思い、殺し屋に殺害を依頼。別荘での出来事は、すべて姉の思惑で進んでいくが、失敗。

昼食は同じビルの2階の「サイゼリヤ」で
お好みのランチを



女性テーブルは話が盛り上がっていました
 殺し屋は、映画祭の会場まで潜入して、レイチェルを襲う。フランクは、身を賭してレイチェルを守る。このハラハラドキドキの緊迫感は、映画でなければ味わえない。そして、二人の心は一つに結ばれる。「ボディガード」の撮影を通して、コスナーとヒューストンは、確固たる友情を育んだ。
 2012年、不慮の死をとげたヒューストンの葬儀で、コスナーは17分間に及ぶ心のこもった弔辞を贈ったと言われている。
                                                             (報告:瀬山宏昭、写真:熊谷康夫)

 * 参加者の感想
・ 大島 かよ子(専攻2期、北本)

 映画「ボディガード」は、なんと言ってもホイットニー・ヒューストンの I Will Always Love You(あなたをずっと愛している)のテーマ曲と、ケヴィン・コスナーの渋さとカッコ良さに魅了されてしまうところではないか。
 映像とテーマ曲もマッチしていて、名作の一つだ。ラブストーリーのところとミステリー的なところもあり、ヨットが爆破するシーンは「ここで、たしかヨットが・・・」と思った瞬間、「バババァーン!」と破壊され、わかっていてもドキドキしてしまった。
 犯人は誰か?この暗殺は、姉のニッキが見知らぬ男に依頼したものであった。映画の中、フランク(コスナー)は「これはプロのしわざだ!」と語っていたが、ここでクライマックスのシーンでの暗殺者は元同僚のポートマンではないか・・・?と見終わってから、会員の皆さんと推理し、会話が盛り上がった。
 それから、三船敏郎のサムライの映像シーンがあった。不思議に思ったら、会員の方から『あれは黒澤明監督の名作「用心棒」よ』と聞き、ボディガード=用心棒、なるほどと思い、この映画の深さと厚みに感心した。もう一度観たい映画である。

.
・ 飯沼 和華子(25期、上尾)
 ケヴィン・コスナーと言えば、私の記憶の中でよい作品と思ったのは、「ダンスwith ウスブス」(1990年)とこのボディガード(1992年)です。30歳半ばで思慮深げな目つき、ぐーと瞬間的に物事を目の奥で把握する感じが素敵です。不安感や緊張感、そして危機的な場面で的確に行動、サスペンスの面白さがとっても良かったです。さらに、素敵な歌声のレイチェル (ホイットニー・ヒューストン)とのロマンスは、劇場版にピッタリでした。
 最後に、ストーリーの結末で感じたことは、人の心は理屈では割り切れないのかな〜と。
.
・ 対尾 雅之(16期、桶川)

 私の人生、閑があるときは金がない。金が有るときは閑がない。両方あるときは馬力がないでした。しかし、「映画を楽しむ会」は、1,100円で別世界を体験できるハッピーなクラブです。残りの人生は出来るだけこの体験に励み、映画も真剣に鑑賞したい。特に、外国映画は、「髪型・色」や「ほくろの位置」でしか女性が判別できないので、大きいことは言えないのが問題です。これから、数をこなして微妙なニュアンスが分かるようになりたい。
 今回も、雪の僻地で聞く「讃美歌」は、日本人には理解できないニュアンスがあるのでは?と感じました。
                                  以上
                  先頭に戻る