ヘイケ蛍観賞会 2014

ホーム 掲載記事リスト 会報「彩央」リスト 投稿2021年度 下期 投稿2021年度 上期  投稿2020年度 下期 投稿2020年度 上期 2020年度〜以降 イベント 投稿 2019年度 下期 投稿 2019年度 上期 2019年度 イベント 投稿 2018年度 下期 投稿 2018年度 上期 2018年度イベント 投稿 2017年度 下期 投稿 2017年度 上期 投稿 2016年度 投稿 2015年度 以前 2017年度イベント 2016年度イベント 2015年度 イベント 2014年度イベント 2013年度イベント 2012年度 イベント 2011年度 以前イベント

自然観察公園 竹林管理
2014年度うどん打ち大会
うどん打ち大会 第2報
秩父夜祭ツアー
秩父夜祭案内
2014年ボランティア発表
北本公園樹木の伐採
「彩央会」ゴルフコンペ
2014吹上パークゴルフ
ヘイケ蛍観賞会 2014
2014年度ボウリング大会
埼玉読売記事 一芸披露
高尾宮岡カナムグラ抜取り
パソコン講習 最終回
2014 吹上パークゴルフ
2014年度 一芸披露会
美術展はじまる
北本セリバヒエンソウ抜取
「ヘイケ蛍 観賞会」北本自然観察公園

                   2014(H26)/ 8/ 1(金)

 彩央会の夏恒例の催し「ヘイケ蛍 観賞会」が、8月1日 午後7時から北本自然観察公園で開催された。お孫さん連れを含めて、20数名の方々が参加した。
 埼玉県 自然学習センターの前で記念写真を撮り、蛍の生態について説明を受けた後、薄暮のなかを蛍の生息地へ向かう。森の中に入りだんだん暗くなると、右下の水路の方でひとつ、ふたつと蛍の光が見え始めた。
 7時30分を過ぎると周囲は暗闇に包まれ、徐々に蛍の数が増えて行く。そして、目の高さまで飛び交ってきた。「まあ〜きれい」「幻想的!」など感嘆の声が上がる。
 前の方から、「こっちの方がもっといるよ〜」と声がかかる。皆で先へ進むと、いるいる、蛍の光の競演だ。お子さんがホタルを手に受け、大騒ぎになった。
 今年は数も多く、童心に帰って楽しんだ。

                           (18期 岩佐正二)

先頭に戻る