北本セリバヒエンソウ抜取

ホーム 掲載記事リスト 会報「彩央」リスト 投稿2021年度 下期 投稿2021年度 上期  投稿2020年度 下期 投稿2020年度 上期 2020年度〜以降 イベント 投稿 2019年度 下期 投稿 2019年度 上期 2019年度 イベント 投稿 2018年度 下期 投稿 2018年度 上期 2018年度イベント 投稿 2017年度 下期 投稿 2017年度 上期 投稿 2016年度 投稿 2015年度 以前 2017年度イベント 2016年度イベント 2015年度 イベント 2014年度イベント 2013年度イベント 2012年度 イベント 2011年度 以前イベント

自然観察公園 竹林管理
2014年度うどん打ち大会
うどん打ち大会 第2報
秩父夜祭ツアー
秩父夜祭案内
2014年ボランティア発表
北本公園樹木の伐採
「彩央会」ゴルフコンペ
2014吹上パークゴルフ
ヘイケ蛍観賞会 2014
2014年度ボウリング大会
埼玉読売記事 一芸披露
高尾宮岡カナムグラ抜取り
パソコン講習 最終回
2014 吹上パークゴルフ
2014年度 一芸披露会
美術展はじまる
北本セリバヒエンソウ抜取
2014(H26)年度 第1回環境ボランティア

自然観察公園で外来植物「セリバ ヒエンソウ」抜取り

一輪車で砂を運ぶ

作業日:
  平成26年5月16日(金)9時20分〜12時50分
・ 場 所:
  埼玉県自然観察センター 北本自然観察公園
・ 参加者: 12名

 本日の作業は、(1)  中国原産の外来種「セリバヒエンソウ」の抜取りと(2)  園路の補修でした。少なくなった里山の雑木林や草地環境を残すため、侵入してくる外来種を除去することで、在来種の生育環境を保全するのが目的です。
 園内にはマムシ、ドクガ、スズメバチ等の危険な生き物がいるので、注意するよう説明を受けて出発しました。
 セリバヒエンソウは茎と葉がセリに似ていて、青紫の小さなかわいらしい花(燕が飛ぶ形に似ているので飛燕ヒエンの名がついた)が咲いていました。これを根っこから抜取り、種が落ちないように袋詰めにして持ち帰りました。また、作業場所へ行くまでの園路の窪んだ所に砂を入れ、補修作業も行いました。作業は約1時間40分で、大きな袋が満杯になったところで終了しました。
 真っ青な空には、白い柳の綿毛が飛び交って美しい光景でしたが、この綿毛を「柳絮リュウジョ」と呼ぶことを知りました。
 
 帰路は、観察会になりました。道に咲く「西洋タンポポ」と「カントウタンポポ」の違い、見分け方を教えてもらいました。珍しい昆虫のヤマトシリアゲ、カマキリの子ども、アリジゴク等を観察しました。赤い実のなるウグイスカグラ(食べると甘い)、白い花が可憐なササバギンラン等を見て楽しみました。
 参加した皆さま ありがとうございました。 
                    
     (報告:岩佐正二、写真:熊谷康夫)


朝礼時に作業の説明


園路の補修


セリバ ヒエンソウのアップ


セリバ ヒエンソウ


帰路で自然観察会


ヤマト シリアゲ


ササバ ギンラン


作業を終えて

先頭に戻る