自然公園 で杭つくり

ホーム 掲載記事リスト 会報「彩央」リスト 投稿2021年度 下期 投稿2021年度 上期  投稿2020年度 下期 投稿2020年度 上期 2020年度〜以降 イベント 投稿 2019年度 下期 投稿 2019年度 上期 2019年度 イベント 投稿 2018年度 下期 投稿 2018年度 上期 2018年度イベント 投稿 2017年度 下期 投稿 2017年度 上期 投稿 2016年度 投稿 2015年度 以前 2017年度イベント 2016年度イベント 2015年度 イベント 2014年度イベント 2013年度イベント 2012年度 イベント 2011年度 以前イベント

   2012年度(H24)第5回環境ボランティア

イチョウの木を伐採して杭つくり
上へ
北本ビオトープ見本園
新春うどん打ち大会
自然公園 で杭つくり
防災体験とコスモス摘み
吉見ゴルフ彩央会コンペ
吹上パークゴルフ
ドングリ収集ネット設置
120801ホタル観賞
帰化植物シンジュ伐採
2012 一芸披露会
2012美術展
ウォーキング来歴
三ッ又沼外来植物抜取
高尾宮岡カナムグラ抜取
インデアカ 学習センター
2012年度総会 

 
成果 : イチョウを伐採して作った杭 25本

作業日: 平成24年11月13日(火)9時〜12時30分

場 所 : 北本自然観察公園(自然学習センター)


 もう立冬を過ぎていたが温かい日になり、「イチョウの木の伐採作業」をするにはもってこいの日和となった。参加者は12期の岩沢さんから21期までの11名、特に21期生が4名(内女性2名)も参加してくれて、ありがたかった。

 作業開始前に学習センタ−側から作業要領の説明があり、イチョウは中国原産裸子植物、落葉高木、メス株に銀杏がなるとのこと。このイチョウ林には狸のため糞(中に銀杏の実あり)、ジョウビタキ・クロジ・アカゲラの野鳥、オオスズメバチ、マムシ、オオカマキリもいるとのことであった。安全作業としてヘルメット・軍手の着用、ノコギリ、ナタの使用について説明があった。


 9時30分から早速3班に分かれ、1班2本、合計6本の伐採目標で作業を開始した。約半数の方は昨年の経験者で、慣れた手つきで高さ7〜8m、太さ10〜20cm位のイチョウの木をノコギリで切り始めた。あっという間に切り倒し、杭として使用するために1.2mに切り、林から運び出した。
 杭作りは、みんなで交代しながら、ナタで先端を細く削り落とした。この難作業に慣れている人、慣れていない人、特に慣れていない女性2人も加わり、小休止をしながら楽しく、見事なチームワークで25本もの杭をつくることができた。


 11時には作業が終了したので、引き続き園内観察を指導員の荒木さんの案内で、森の中の木々や植物・虫・野鳥の説明を1時間ほど受けた。初めて知った食べられるスダジイ・ムク・スイバ・センブリ(胃の薬)、その他の植物としてカヤツリソウ・(茎の径が三角形)・シロダモ(葉を炙るとロウが溶けたようになる)・アサザ、昆虫ではシジミ蝶の一種のウラギンシジミ(銀色)、ジャコウアゲハのサナギ、野鳥では綺麗なジョウビタキが数メートル先にもきた。

 来るたびに貴重な動植物の生息を知り、今回も自然のすばらしさを体験した。

(報告:金子 博、写真:熊谷 康夫・佐藤 明)

倒す側に切れ目を


2班も頑張る


3班の作業現場

 

休憩風景

杭 つくり

 

 一番太い杭だ

 
11人で25本の杭を作る

 

 飛んできたジョウビタキ

 紅葉したマユミ

   先頭に戻る