帰化植物シンジュ伐採

ホーム 掲載記事リスト 会報「彩央」リスト 投稿2021年度 下期 投稿2021年度 上期  投稿2020年度 下期 投稿2020年度 上期 2020年度〜以降 イベント 投稿 2019年度 下期 投稿 2019年度 上期 2019年度 イベント 投稿 2018年度 下期 投稿 2018年度 上期 2018年度イベント 投稿 2017年度 下期 投稿 2017年度 上期 投稿 2016年度 投稿 2015年度 以前 2017年度イベント 2016年度イベント 2015年度 イベント 2014年度イベント 2013年度イベント 2012年度 イベント 2011年度 以前イベント

上へ 北本ビオトープ見本園 新春うどん打ち大会 自然公園 で杭つくり 防災体験とコスモス摘み 吉見ゴルフ彩央会コンペ 吹上パークゴルフ ドングリ収集ネット設置 120801ホタル観賞 帰化植物シンジュ伐採 2012 一芸披露会 2012美術展 ウォーキング来歴 三ッ又沼外来植物抜取 高尾宮岡カナムグラ抜取 インデアカ 学習センター 2012年度総会
    帰化植物「シンジュ」の伐採作業
           於:北本自然観察公園  2012(H24)/7/10 実施
 
現場作業終了時の集合写真 

 梅雨の晴れ間の夏日、北本自然観察公園で環境管理ボランティアを実施した。参加者は佐野会長ほか総勢17名で、特に21期生は6名も参加があり、ありがとうございました。

 作業は、公園入口脇の小道のシンジュ(ニワウルシ)の伐採とカナムグラ・クズ(つるになっている)などの除去で、17名という多数の方が暑い中を黙々と作業に励んだ。汗・汗・汗が流れたが、作業は順調に進んだ。抜いた大量の草木は、リヤカ−に積んで何度も運び出して片付けた。

 

 作業終了後は自然観察会となり、学習センタ−係員の荒木さん・田留さんの案内で、森の中の動植物や清流の川底にすむヤゴ、沼の中の植物などを30分ほど見て回った。森の中に小指の先くらいのニホンアカガエル(絶滅危惧)の子どもがいたり、沼に準絶滅危惧種のミクリが群生していたり、貴重な動植物の生息について説明を受けた。ときどき不如帰の快い鳴き声が聞こえ、何とも言えない自然のすばらしさを体験した。

     (報告:金子 博、写真:熊谷康夫・佐藤 明)

 

      














         
開始時の金子副会長挨拶

       佐野会長の挨拶
正門左の作業現場

伐採作業の開始


          暑い〜

帰化植物「シンジュ」を伐採

木陰で小休止

伐採した「シンジュ」の山


リヤカーで運び出し


シートに載せて運び出し


森の中の観察会


オニヤンマの幼虫 ヤゴ


緑陰でホタルの説明を聞く


絶滅危惧種の「ミクリ」


「アサザ」の黄色い花

 
作業後の昼食風景
ページの先頭に戻る