ホーム ] 上へ ] 5th さいたま国際マラソン ボランティア参加 ] 4th さいたま国際マラソン ボランティア参加 ] 老健あすか20周年記念ボランティア ] H30年度 作品展示会の案内 ] 2018年 テンションが上がる会 そば打ち ] 29年度〔第2回〕美術作品展示会 ] 世界盆栽大会 ] H28研修会 ] ジェイコー納涼祭 ] そよ風 ] STT交流大会 ] ボランティア活動記 ] STT大会 ] 見沼田圃クリーンウォーク ] 介護予防表彰 ] 秋ヶ瀬清掃ボランティア ] あすかボランティア ] サンビュー納涼祭 ] STTボランティア ] そよ風 ] あすか春の外出活動 ] 大宮共立病院ボランティア ] ハートランド東大宮 ] あすかの屋台村 ] 見沼田圃クリーン作戦 ] H24秋ヶ瀬クリーン活動 ] あすか屋台ボランティア ] 買物食事ボランティア ] 第3回ボランティア発表会 ] サンビューコーラスボランティア ] サンビュー納涼祭 ] [ 認知症サポーター養成講座 ] みんなで歌おうクラブ ] サンビュー埼玉ボランティア2 ] お花見会 ] 折り紙講習会 ] あすか花見ボランティア ] サンビュー埼玉ボランティア1 ] あすかボランティア活動 ] 見沼田圃クリーン作戦 ] あすかボランティア活動 ] 秋ヶ瀬クリーン作戦 ] 介護研修会 ]

   

「認知症サポ−タ−養成講座」に参加して

平成247月末

17期 呰上 一三

 伊奈さいたま会が本年726()午後130分からサンビュ−埼玉(JR北浦和駅西口から徒歩約7)で開催した「認知症サポ−タ−養成講座」に参加しました。受講生19名の参加でした。講師は浦和区中部圏域「地域包括支援センタ−」介護支援専門員の増本さんでした。

 受講生全員が60歳以上で認知症にもかかってもおかしくない年齢とあって増本先生のお話に熱心に聴き入っていました。

 この講座で私が学んだことは、認知症について正しく理解し、偏見を持たず、認知症の人や家族に対して温かい目で見守ることの大切さです。認知症サポ−タ−は、認知症を理解した認知症の人への応援者ということです。

 認知症は誰でもなる可能性のある病気です。いつ自分や家族が、あるいは友人や知り合いが認知症になるかわかりません。ですから、他人ごととして無関心でいるのではなく、「自分たちの問題である」という認識をもつことがいかに大切かということ、また、一人ひとりがすべて違うように、認知症への対応は一様ではないので、常にそのことを頭に置きながら自分たちになにができるか考えることの必要性を学びました。

 

 認知症サポーター養成講座