学園祭の取り組み

ホーム
上へ
 

 

健康づくり科 学園祭の取り組み

 


健康づくり科36名は、シニアの健康について学んでいます。自身の健康はもとより、卒業後は地域に貢献しようと、シニアパワー全開です。
  
  初めは、認知症予防や口腔ケアにも役立つ体操『パタカラ』
  次は、大勢で立体的にシンクロさせた、群読『お祭り』
  最後は、科のスローガンを表すために『「明日があるさ」の替歌』

学びの合間に、一生懸命、練習しました。その練習の成果が、お届けできたでしょうか。

 

アルゴリズム行進の練習 群読の班別練習発表 「明日があるさ」振付練習

 アルゴリズム行進で、舞台に登場

行進とは一糸乱れぬところに美があると教えられたが、一コマずつずれた動作で行進を。練習の結果、難しすぎてアルゴリズム行進では、無理と判断。整然とした、行進隊形で入場することに。めでたし、めでたし。

 パタカラ体操


舌、唇やその周りの筋肉の衰えを予防・改善するトレーニングのひとつだそうです。「パ」「タ」「カ」「ラ」の4語を使い、楽しい言葉遊びや誰でも口ずさむことのできる曲の替歌にして、体操を継続しやすくしているそうです。
     

 群読『お祭り』 作詞 北原白秋

群読の班別練習が課題になった。登校すると、自主的に柔軟・顔面筋トレ、そして、早口言葉での滑舌・発声練習と猛特訓。こんなに特訓をうけたのは、小学校の学芸会以来だった。班の結束力に高まりがみえた。
     

 健康づくり科「明日があるさ」

いつもの火曜日 いつも会う
       健康づくり科 仲間たち
学び合おう 語り合おう
       笑顔で手をつなごう
明日がある 明日がある 明日があるさ      ♪若くはないけど 夢がある・・・♪

 

 


All right reserved by Ikigai-Inagakuen Senkoukatei01ki Ⓡ2009

いきがい大学伊奈学園専攻課程 1期