投稿欄

 ホーム 上へ

 

《 個人投稿 》

ふるさと伝承科 大森節子さんが詩集を自費出版

 18期の皆様、残暑とは名ばかりの猛暑が続いていますが、お変わりありませんか。実は、私、このたび本を出すことができました。五十年近く続けてきた旅、その途中での思いやスケッチを詩にまとめたもので、大げさに言うなら私の人生の証です。書くことが好きだった母が急逝した折、思いがけず遺してくれたものがあって、供養にもなるかと思い切り費用に充てました。読んでいただけたらとても嬉しいです。
 県内では、Book Depot書楽、旭屋書店新越谷店・志木店、リブロ、須原屋本店・熊谷店、紀伊国屋新都心・川越店、三省堂そごう店などにあります。
 

                                                    2011.8.21  ふるさと伝承科:大森 節子

 

《 個人投稿 》

  伊豆に旅行した時に知りました。静岡県の「歴史ロマンと戦国の乱世を生き抜いた武将達」の数々を
PR誌の中で紹介されております。是非、静岡県の歴史を知り、城の数々を訪ねてみてください。 

城と戦国武将
 静岡県の城総覧       

静岡県内の700余 のお城を紹介しています。  

戦国浪漫

戦国時代の静岡を舞台に活躍した武将 達

≪注意≫
個人的アクセス以外に他で使用する場合は事前に下記運営会社に連絡し、許可を受ける必要があります。
静岡県観光局観光振興課委託事業サイト作成・運営株式会社ナビ

2011.3.3 18期美術工芸科 田中 康勝 

 

《 個人投稿 》


寒立馬(かんだちめ)は、青森県下北郡東通村尻屋崎放牧されている厳しい冬にも耐えられるたくましい体格の馬です。

一月の中旬に青森の尻屋崎に 寒立馬を観に行って来ました。

雪の量は多くはなかったのですが

さすがに風は冷たく厳しいところでした。

雪の原に放たれた馬たちは、太く力強い前足で

雪をかき、下からのぞくわずかばかりの緑の草を

食べていました。厳しい自然の中に生きる馬たちの姿に

心が熱くなりました。

オマケ・・・あんこう鍋やあんこうの刺身、とても

美味でした。


 


 

2011.2.28 18期美術工芸科 寺沢 恵子

 

23年度 国際(エンピツ)ボランティア報告

 平成2212月に伊奈学園1年生、2年生、専科生の方々に呼び掛け、沢山の文房具類・紙・ティッシュ、タオル等の寄付を頂き、合わせて、寄付金も寄せられた。学園事務局にも協力いただき、当日持参できなかった方への受取窓口を開設された。

≪呼び掛けたチラシ≫

〜あなたにもできる国際(エンピツ)ボランティア〜
≪送る品物≫
1、文房具類:新しいモノ、古いモノなど。
「エンピツ、ゴルフ場のエンピツ、クレヨン、パステル、絵具、筆(絵、習字)」
「消しゴム、定規、コンパス、小学校の教材など」
「ノート・便せん(使ったページは切り取って)、折り紙など」
2、他の品物:新しいモノ、古いモノなど。
「タオル類(ごわごわでないもの)、手拭い、ポケット・ティッシュなど」
「幼稚園や小学校で使った、ピアニカ、レコーダーなどの楽器類など」
3、ボランティア寄付金…・アフリカに送る段ボールの郵送料に使わせて頂きます。
「 1円〜硬貨 (郵送費に使用させて頂きます)など」

≪寄せられた品物と寄付金≫

お預かりした品物は15`単位に段ボールに詰め、アフリカに向けて船便にて発送。 現地には10月頃着く予定。
*ルート:船便:日本―>香港―>シンガポール―>ジャカルタ―>南アフリカ―>陸路 ジンバブエ―>ザンビア この間、約7カ月かかる。

寄付金は郵送代として使用します。
寄付金総額
29,252円
例:1段ボール、15キロ入り、約8,000

 

皆様のご協力をお待ち申し上げます。          18期校友会(美術工芸科) 田中 康勝 048-667-0744    ytnk@jcom.home.ne.jp

 

18期美術工芸科 小林正樹氏 自分史を出版

 小林正樹氏は1934年(昭和9年)生まれで喜寿を迎えられます。還暦を迎えて自分史「走馬灯」を出版、喜寿を迎えるに当たって「続・走馬灯」を出版されました。仕事の関係から 金沢、川島、桶川、上尾と居所が変わるなか、各々の居所のスケッチや俳句、内外の旅行のこと、家族のことを小林正樹さんらしい視点・表現描写し執筆されています。小林正樹さんの一生懸命に生きてきた記録、奥さまや子供達への思いが伝わってきました。私も遅ればせながら先輩にあやかりたいと思う次第です。小林正樹先輩のますますのご活躍とご健康をご祈念しご紹介とさせて頂きます。

自分史、「走馬灯」、「続・走馬灯」表紙 「走馬灯」内部 「続・走馬灯」内部

    201116日 一読者 澤田精吾記

 

個人投稿

黒岩氏、病院ギャラリーに絵画展示中

 18期美術工芸科 黒岩金造氏が、伊奈町、のぞみ病院の天草院長先生のご理解を得て、4年ほど前より待合室に絵画を展示させて頂いています。3ヶ月毎に季節に合った絵を飾って、患者さん方から喜ばれています。今は寒い時期なので焼き芋の絵です。


現在展示中の芋の絵


のぞみ病院展示待合室風景


23.1.2 18期HP委員:上野 武

 

≪個人投稿≫

彩友会展

18期美術工芸科 田中 康勝

 2010830日から93日まで彩友会展をグループの仲間と東京丸の内のトウキョウマリンニチドウギャラリーで開催しました。会社・学園の仲間や友人・知人が集い、絵の鑑賞より、昔話に花が咲き、会場はにぎわいました。その後、みんなは三三五五お茶会へと足を運んで行きました。
来年もみんなが集う場所が出来るよう、絵の制作に励み、展覧会が開催されるよう努めます。
 私の今年のテーマは『ひまわり』です。それでは会場へ、ご案内いたします。


JR東京駅で降りてください


東京駅は改装工事中


彩友会展会場


いらっしゃいませ〜


会場風景−1

会場風景−2

川村美術館とひまわり

野木のひまわり

ネコとひまわり

プチひまわり

ビバひまわり

ひまわり

ご高覧ありがとうございました。それでは来年まで!!

 

≪個人投稿≫

 18期:田中 康勝

ある日、ある時、99番目に建設された茨城空港を見学。
茨城空港は首都圏の北の玄関口で、“空の旅をもっと手軽にをコンセプトに誕生したコンパクトで誰でもが気軽にご利用できる空港です”。
では、写真見聞録をご覧ください。


1,見聞録 始まり、始まり〜

2,あれが茨城空港だ

3,搭乗者か?見学者か?

4,空港ロビー

 

 

 

 




,搭乗ロビー


6,搭乗手続きが始まった

7,ソウル・神戸便の2便

8,飛行機が来るぞ〜

9,ソウルから飛んできたよ〜

10,搭乗が始まります

11,ソウルへ出発

12、ジェット機も飛びます

13,レストランは満席だ〜

14,みやげ買って帰るべ〜

15,あ〜楽しかった

16,俺も飛行機見たワン!

17,もう飛行機来ないね?

18,自衛隊機だけは残った

 皆様も一度は茨城空港から海外へ出掛けてみませんか??

(一口メモ)
  ターミナルビルの目の前には、1,300台の無料駐車場が完備し、車でも気楽に利用できます。
出発ロビー・到着ロビーを1階に集約したシンプルでわかりやすい設計です。 搭乗時の移動が短く、フロアを移動することがなく、高齢者や子供連れの方も快適に利用できます。
また、2階にはレストラン、売店、ATM等のサービス施設や広い送迎デッキを設け、手軽にくつろげる場所に成っています。 売店では茨城名産品や航空自衛隊のグッズも売っています。
水戸市から30分、つくば市から45分、学園から3時間です。

 ・・・・ 100番目の空港を埼玉県に建設しよう!!!??? ・・・・

個人情報の関係がございますので、無断借用禁止および写真を拡大しないでください。
 

平成2230

 

個人投稿

日本の離島を踏破する

 今までに、私は、日本47都道府県を2周し、3周目へ行動するときに、本来、ほとんど皆さんは、海外へ行かれると思いますが、私は、外国語が話せないので、どうするかを考え、日本の海外へ行くことにしました。即ち、離島への旅でした。日本は、6,800余の島国です。人が住んでいる島は、430前後の島があります。その人が住んでいる島(有人島)を全島制覇したいと行動しています。
現在、有人島271島へ渡島しています。毎日、その様子をブログで投稿しています。
現在、1300日、270,000件のアクセスをいただいています。続けていることがいいのか、特に、この半年のアクセスは多いです。
 また、ある雑誌社からブログに掲載した写真を新しく発行する本に使わせてほしいとのメールもいただき、了解しました。昨年の暮れにその本が発行されて、発行された本をいただきました。その本の題名は、「封印された日本の離島」(歴史ミステリー研究会編、出版社:彩図社、550円)です。
内容的にみると52島の封印されていた島々の隠された秘密や謎が書かれている本でした。
例えば、「人口密度が世界一の島」、「戦時中、地図から消された島」、「今も女人禁制の島」、「祭りの間は部外者立入禁止の島」、「地震によって1日で消えた島」、「風葬跡が残る島」、「253基もの古墳がある島」、「一人に2つの墓を作る島」、「どこにも墓がない島」、「めずらしい神々が住む島特集」などです。
掲載された写真掲載された写真私が提供した写真が載っているのは、「島全体が恐竜化石の博物館」といわれている「御所浦島」と「神様でもある鬼「砂鬼」」と書かれている「福江島」の2つです。
掲載されている島の内、現在、29島へ出かけていますが、行っていない島があり、ぜひ、行ってみたいと思います。

時間がある方は、私のブログをご覧いただきたいと思っています。
http://blog.goo.ne.jp/akirajiji_2006

 

また、ホームページを自分の島旅記録のデータベースにしたいと作成中です。まだ、未完成ですが、充実していきたいと思っています。
これも時間があれば、のぞいてみてください。
http://www.ina-ikigai.net/HP/akirajiji/

平成22年2月24日 葭谷 昭

 

個人投稿

昔々に作られた句を現代風の時事川柳で表現してみました。

関係者の方がおられましたら、ご容赦のほど。 

                                             詠み人:田中宗小

時事川柳 
 

平成21年度作

≪パロディー≫

・かき食えば

 鐘がなるなり

   厳島

 

 

 

・から池に

  蛙飛び込む

   温暖化

 

 

 

・前の原

あつめてやめる

  や〜ん場ダム

 

 

(元句)

・かき食えば

  鐘がなるなり

   法隆寺

 

 

・古池や 

  蛙飛び込む

   水の音

 

 

・五月雨を

  集めて 早し

   最上川

         

≪パロディー≫

・荒波や

 佐渡によこたふ

   大クラゲ

 

 

・わたし 言う

 みずほ手をすり

   足をふむ

 

 

 

・鳩の坊

  そこのけ

       そこのけ

   お亀が通る

 

(元句)

・荒海や

  佐渡に横たふ

   天の河

 

 

 

・やれ 打つな

  蠅が手をすり

   足をする

 

 

雀の子

  そこのけそこのけ

お馬が通る

平成22年年2月2日 田中 康勝


 

高齢者創作展(9月11日(金)〜9月14日(月) 伊奈学園18期生の作品です


美工・岩崎智全「バラと果物」

美工・内藤高「やさいとイス」

美工・桝本今朝雄「武甲山の里」
     


美工・新井敏夫「花(仲良く)」(写真)


美工・矢矧義夫「あじさいの社」
 


美工・澤田精吾「初夏の滝」


美工・林きみ江「作品A」



美工・田中康勝「Flora」


ふる伝・金子慶子「アドレス帳」

  18期HP委員:上野 武       
 

 

     個人投稿 最近の1枚
  「天井の妖精」とも呼ばれるブルーポピー

 天上の妖精 幻の花 ブルーポピー
2009年7月3日 場所 中国四川省四姑娘山(スークーニャン山)
6250mの中腹4350mの地点で撮影しました。

 学名メコノプシス・グランディス 撮影地  点には黄色、赤、紫のケシも沢山咲いており、ブルーのケシも沢山咲いていました。もちろん 沢山の高山植物が自生しており、歩き回ると高山病で頭が痛くなりました。

 

 

 

 

18期 美術工芸科 澤田精吾